読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目隠しフルコース!ダイニング・ウィズ・ザ・センスを体験してきた

 

先日東京ディズニーランドホテルで開催中のプログラム「ダイニング・ウィズ・ザ・センス」を体験しまして、いたく感動したので記事にいたしました。ネタバレなしの感想です。

ダイニング・ウィズ・ザ・センスの詳細はこちらから

簡単に説明すると、目隠しをしてフルコースのお料理をいただくというもの。

このプログラムは美女と野獣、アラジンに続く3度目の開催で、今回のテーマはリトル・マーメイド。チケットはローチケで購入するんですが、意外とあっさり取ることができました。さっき公式を見たらまだ月末の平日の席は余裕があるようです。ご興味があればぜひ。

 

というわけでやってきた東京ディズニーランドホテル

 15:30~の回だったので遅めの朝食をとり、昼は抜いてきたので腹ペコです。会場はロビー右側の通路奥にあるホール「シンデレラドリーム」

いつまでも夢が覚めないよう、この時計は永遠に12時から動くことはありません。

横にあるクロークで貴重品以外は預けることができます。帽子とお土産品を預けていざ受付!

受付を済ませると同意書を渡されます(プログラムの注意事項など)そのあと魔法のアイマスクを受け取り会場へ。どうでもいいですけど、このアイマスクふわふわでめっちゃ付け心地がよかったです…。

廊下で待っているとキャストさんにその場でアイマスクをつけるよう言われます。もうつけるの?早っ!と思いつつ装着。両手を前に出すように言われ、キャストさんに手首を掴んでもらって(めっちゃソフトタッチだった)会場へと誘導してくれます。もうこの時点でドキドキ。で!会場に入ると海の匂いがするんです!ファ~~~~すごい。席への案内も、もちろん目隠ししたまま。キャストさんにお手伝いしてもらって、椅子と机の位置を触って確かめ、着席します。

ちなみにこのプログラム、通常回では複数人で参加しても座席は必ずバラバラになるように配置されます。つまり誰もが皆全く見ず知らずの誰かとフルコースを頂くことになるのです。これを聞いたら「えええ~」ってなるかもしれませんが、実際に体験すると、そんなこと全く気にならないです。私は4人テーブルでしたが、たくさんお話できましたし、とても楽しく食事ができました。あ、通常回とは別にグループで同じテーブルになれるグループ回もあります。

 いよいよマジカルシェフの合図でパーティーがスタート。いやあ本当にすごかった!お皿がひとりでに現れて食べ終わると勝手に消えていくんです。グラスのワインも、飲んでもなくなることはないし、お酒の種類も変わっていくんですよ。魔法みたい!大興奮でした。

どのお料理も目隠しで楽しめるよう、香りや歯ざわり舌ざわりが工夫されていて「しかもお味は完璧!」なのです。料理をエンターテイメントにするという発想が本当にすばらしい。まさにUSE YOUR IMAGINATION!

料理の合間にはマジカルシェフやアリエルの仲間たちがパーティーを盛り上げてくれます。これもすごく楽しかった~。

楽しいひとときを体験して夢心地のままお腹いっぱいで退席(もちろん目隠しをしたまま)アイマスクを外すのも廊下なんですが、パッと魔法が解けたような不思議な気分になりました。本当に夢だったのでは?と思うほど。ちょっと寂しい感じ。でも完全に酔っ払ってたので廊下を歩きながらああ、これは夢ではなかった…と急に現実味が出てきたのでした。