読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐のわくわく学校2015 6/7 2部

すっかり記憶から抜け落ちている気がしますが、せっかく参加したのでレポなどをあげてみます。 ファイトだ私の記憶よ。

 

まずは大体なんとなく内容を理解している人向けに6/72部の役割分担などを。

毎年恒例の櫻井くんによる松本くんのフェードインは今年もありました。バンビヲタとしては外せなかったので本当にありがたや…なむ…。

 

二宮くんの授業は田植え(初夏)私TOKIOファンの端くれなので「苗の隙間は30cmくらいで~」などという説明には「これ、鉄腕DASHでやったところだ……!」とひとり進研ゼミ。

新潟のゆるキャラ米米じいちゃん(CV.二宮和也)も会場にやってきてくれました。

 

会場には小さな田んぼがあって、生徒たちが実際に田植えをすることができます。今回指名されたのは、相葉くんと高木くん。

二宮「相葉さん(田んぼで)転ばないでね!?」

相葉「おい、前フリやめろよ!」

 

さっそく田植えを始めます。2人の田植えを見守る会場。

二宮「今6人くらいが『がんばれ~』と」

会場\がんばれ~!/

二宮「おっ一気に6000人くらいに」ウルトラアバウト。

 

 

 

松本くんの授業は盆(夏)浴衣です!浴衣!全員浴衣です!浴衣は植物から色を取って染めたもので、柄にもきちんと意味があるそう。今回はニノと高木くんの柄の意味を紹介。この辺まったくメモしてないので許してくれ。

そのあとみんなで盆踊りを踊りました。ハピネス音頭。会場のみなさんもすごくナチュラルに強制参加させられます。太鼓は中島くん。

このとき太鼓のステージがせり上がってきて、取り付けられたちょうちんが四方に伸びて、とても夏祭り感が出てました。スタッフさんのステージ展開は毎年本当にすばらしい。 

大野「みんな覚えるの早いね~」

相葉「ファンキーに比べたらね」はい。

 

 

大野さんの授業はお茶(秋)茶道からおもてなしの心を学びます。会場にも小さな茶室が。今回のお客さんの役は松本くん。お茶を頂いたあと褒めるなど声を出してもいいそうで。

松本「(一口飲んで)おいしいです」

松本「(一口飲んで)上手ですね」

松本「(一口飲んで)ちょっと塊がありました」

茶室の掛け軸は主人が客人に合わせて変えるものだそう。今回の言葉は「知足」足るを知るという意味。

大野「なんでも完璧を求める松本くん」

松本「これは僕の性格にダメ出しですか????」

そして言わされる会場。

 

 

相葉くんの授業は年末。会場で餅つきをしました。お餅をつくのは山田くんと二宮くん。ニノちゃんはここで類まれなる非力っぷりを発揮。高速餅つきなのにペッタンペッタンと顔を真っ赤にしてやってました。かわいい。

 除夜の鐘には心残りや後悔を祓うことができるそうで、メンバーの「忘れたいこと」を発表することに。ちなみに会場に鐘が用意してあって、鐘を叩くのは知念くん。

会場のお客さんの忘れたいこと。保育士のYさん「二宮くんのキーホルダーを落としたけど、周りの先生に「Y先生のでしょ~?」と冷やかされ「私のじゃありません!」と言ってしまったこと」的なニュアンスのエピソードが発表されました。

二宮「保育士のYさんですね……探します」本気の目をしていました。

櫻井くん………………。 

 

 

最後は櫻井くんの授業。年明けです。

今となってはどうでもいいですけど、最初に日本の四季をテーマに授業を行うって聞いたとき、春夏秋冬でひとり余る…って思ってました。まさかの初夏、夏、秋、年越し、年明けという斜め上を行く構成。誰が予想できただろうか。

ここで毎年西宮神社で行われる福男選びを外周を使って再現することに。今年の福男、志和さんも会場に登場。そういえば今まで参加していなかった櫻井先生もこの回は参加することに。

なぜワクワク学校は走らなければならないのか。

福男さんのスタート地点は一番後ろで松本相葉大野の3人にガードされてスタート。3人の妨害は半分くらいまでで、その間ずっと1位は櫻井くん。しかしそこから福男さんのすばらしい追い上げがあり、1位だった櫻井くんはいつの間にかなんやかんやで中島くんと有岡くんにも抜かれる。ここものすごいなんやかんや感。1位中島くん 2位福男さん 3位有岡くんという順位でした。櫻井くんはなんやかんやで4位。

 

その後、一年の計は元旦にあり的な流れで10年後の抱負をジャンプちゃんたちに話してもらうことに。よぉーし記憶が雑になってきたゾ!

今回は知念くんと有岡くんでした。

 

 

このあと再び春になり卒業式を迎えて、ふるさとで外周を回って終了。大体こんな感じでございました。

じゃんぷちゃんがいるとステージが賑やかになって本当にたのしかったです!もう記憶がカラッカラなので唐突に終わります。